×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ベビーチェアーダイニングイスの選び方

ベビーチェアーを選ぶ時のポイントは、1・水拭きが簡単に出来るか、2・座面の高さが簡単に変えられるどうか、3・奥行きが子供にあっているかをチェックしましょう。
また、ベビーチェアーは子供を座らせた時にからだが安定しているかどうかも重要なポイントになります。
水拭きが簡単に出来ると言う点では天然木製のベビーチェアーが良いかも知れません。塗装も天然素材のオイル仕上げの物などを選びましょう。

ベビーチェアーの種類

ベビーチェアー種類も色々あります。
材質は木製や金属製、樹脂製、シートが布製のもの、ビニール製のものなどありますがやはり掃除しやすいと言う点からは木製のものが無難なようです。
ベビーチェアーのトリップトラップだったら子供の成長に合せてかなり長く使えますのでお勧めです。当然股ベルトが付いているベビーチェアーを選びましょう。リサイクル品でも良いと思いますよ。ただし、トリップトラップのベビーチェアーは足元に注意しないとつまづくこともありますので配置を良く考えて置いてください。ステップや座面の取り付けなおしが簡単なものを選んでください。
大人用は普通のイスにして子供用はベンチタイプのベビーチェアーを置くのも良いかもしれません。お母さんも動きやすくなります。木製のものだったら不要になったときは庭でベンチ代わりに使えますよ。

ベビーチェアーのお風呂用

ベビーチェアーのお風呂用は首がすわってない子やおすわりができない子には背もたれがリクライニングになった物もあり便利です。
ただし、髪をあらったりお湯をかけてやる時は目や耳に入らないように注意しないといけません。頭などはやはりひざの上で洗うほうが良いみたいですね。肌が触れ合って子供も安心するみたいです。
乳幼児期はお風呂で肌を触れ合ったり、抱きしめたり言葉をかけたりしてあげる事が大事ですね。逆に心を鬼にして、泣かせることも必要な時もありますが。
お風呂用のベビーチェアーではありませんが、お母さんが家事をしている時など子供が体を動かすと、その動きにあわせて自然に縦にゆれてくれるベビーシッターというチェアーもあります。参考までに「ベビーチェア-コンビタウン 」http://www.combibaby.com/index.html